出だしでくじけたディズニーツムツム ニット&クロシェ

目次

ディズニーツムツム ニット&クロシェ

作り目

さあ編み始めましょうと思って手に取りました。

まず作り目をするのです。

2本の棒針を使って作るのですが、どうもうまくいきません。

二つの棒針がいうことを聞かないのです。

それなのでとうとうこんな手段をとってしまいました。

2本だから倍の12号の編み針を出して、作り目を作ったのです。

なんでも出来ればいいんですよ。

本当はそうではないと思いますけど・・・

ゲージ

しばらく編み物から遠ざかっていたので、忘れていました。

ゲージを計らなくてはいけなかったのですね。

すっかり忘れて、そのまま編み始めていました。

ゲージ・・・大事です。

自分の手が、ゆるいかきついかちょうどいいのか、見極めないといけません。

ゆるいと毛糸が足りなくなる。

きついとブランケットが小さくなる。

ゆるかったら、編み針を5号に

きつかったら編み針を7号に

変えて調整もできます。

実物大

出来上がりの寸法は、周りのかぎ針編みも含めて16センチ角。

かぎ針編みを編み終わらないと、寸法がわからない!?と思いきや、

実寸大の写真が付いていました。

編んだものを置いて確認できます。

合わせてみると、意外やほぼ同サイズになっていますね。

ちょっと作り目がきついかもしれませんが。

カウンター

編んだ段数を数えていくのに、昔は紙に正の字を紙に書いて

段数を図っていたのですが、

いい時代になりました。

スマートフォンのアプリカウンターあるんですよ。

ウィジェットで画面に出しておけば、1段編むごとに、プラスを押していけばいいのです。

楽ですよ!(^^)!

もう1冊創刊号購入

初心に戻って基本から練習始めます。

出だしが肝心。

編み始めて、やっぱり編み物好きなんだなと再確認。

間違いは最初に正していかないと、後々困るということも思い出しました。

ここでしっかり基礎を身につけておかないと、後々後悔しそうです。

ということで、299円の創刊号をもう1冊買います。

なければTUTAYAで取り寄せてもらえますし。

同じ毛糸でゲージをとらないと意味がありません。

編み手を見定めようと思います。

それと思い出したんですが、私のメリヤス編みは、ちょっと糸の向きが違っていたと思うのです。

そこも、毛糸を使って練習しないといけません。

299円って練習用にはもってこいの値段で助かります。

プーさん、完成させるのはもうちょっと先になりそうですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる